製薬会社の求人について

私の先輩で製薬会社へ転職した先輩がいます。製薬会社は給料や待遇がいいということで転職されました。もともと営業職をしていましたが、製薬会社の営業は未経験でした。未経験でしたが中途で内定をもらっていました。その製薬会社はもともと中途で毎年何人か求人を出しているのですが、同業他社からの経験者の枠と、異業種からの未経験者の枠と分けて求人を出しているそうです。製薬業界は、他の業界と比較して需要が安定しているため、人気も高く、特に異業種からの転職志望者は非常に多いそうです。また、先輩いわく、未経験の方を募集している会社は、表向きはほんの数社しかなく、他の業界から入る場合にはその数社へ中途で入るしかなく、そこから大手製薬会社へ転職してキャリアアップを図るそうです。給料や福利厚生が業界全体通じて非常にいいのでお勧めです。

製薬会社の求人の魅力

20代半ばにサービス系の業界の営業職から転職活動を経験しました。ちょうど時期はリーマンショックで求人情報自体かなり少なかったのですが、逆にこれまでは興味があまりなかった業界まで目を通すことができて、仕事内容をじっくり検討することができました。中でも製薬会社の営業職、いわゆるMRの求人情報は他の営業職とは異なることが多かったので印象に残っています。第一に給与が高額であることが多かったです。未経験者でも基本給与が高いですが経験者はさらに上乗せされる内容が記載されていました。これは、高度な医療知識と製薬情報を駆使してクライアントとなる医師を始めとする医療職の方々のパートナーなるための努力に支払われているのだと思います。第二にその知識だけではなく、多くの方との出会う仕事ですので、高いコミュニケーションスキルが求められているのだと思います。異業種からの転職の場合はこのスキルがどれだけ前職で実績を作ってきたのかが採用結果に影響があると思います。最終的に転職先は違う業界になりましたが、今でも魅力のある仕事だと思える職業です。

製薬業界の求人事情、MRの仕事内容の紹介

これからの日本は少子高齢化が進むと言われ、病気に苦しむ人は増え続けると言われています。そのため製薬企業はがんや生活習慣病など多種多様な病気に効く薬の開発に力を入れています。職種にはMRという自社の薬を医師や薬剤師など医療従事者に宣伝する営業や、薬のデータに関わる学術、薬の製造など様々な職種があります。しかし製薬会社が新たな薬を生み出しても、その新たな領域に参入するだけの過剰要員はおらず、絶対的な人の数が足りていないのが現状です。新たな領域に参入するためのMRを募集することが多いのですが、MRは実に高収入で住宅など手当に関しても充実している場合がほとんどです。また、薬の知識がない転職を考えている方でも研修期間がしっかり確保されています。私もMRをしていますが、基本的には直行直帰で、自分のペースで仕事をしています。今の仕事に対して不満がある方、興味がある方は一度製薬企業の求人をご覧になってはいかがでしょうか。