就職口の多い福岡の看護師事情

福岡県は九州で最も人口が多いので、看護師の就職口も見つかりやすいです。平均年収は全国的に見ると少なめの傾向にありますが、病院・クリニック・企業、とバリエーション豊富な医療機関の就職先があります。五大都市の一つでもあるので、住みやすく、キャリアアップの仕方も豊富です。働いている人の平均年齢が全国的に見ると低めになっているのも特徴の一つです。なので、医療に関しても若々しい積極的な行動をとる人が多いです。福利厚生などを考えるというよりも、積極的に高給与・キャリアアップを目指して転職する人も多いようです。福岡県内の病院の特徴として、一般病院と慢性期の患者さんを受け入れる療養型病院からの求人が多くなっています。また、他の都道府県からも看護師が集まるほど求人数が豊富です。都会なので働きやすく、求人数も多いのは大きなメリットです。

福岡の県の看護師の就職について

人口5500万人、病院数407施設を福岡県は持っています。病院数は全国4位の多さで、上は東京都、大阪府、北海道です。看護師求人が多いのが特徴で、就職先が選べるというメリットがあります。大学病院から小規模(病床数100)、中規模(病床数200)くらいの病院も多いので、自分の目的にあった職場を探しやすいです。医療施設の中心を担っているのは、福岡市と北九州市です。大規模な病院になると、病床数は1,100床以上にもなります。福祉系の看護をしたい方ならば、シティーホームなどの働き口もあります。ここでは特別養護老人ホーム、デイサービス、ショートステイ、ケアプラン、などの在宅サービスを一括して提供しています。高齢化に伴い、さらに求人が増えることが予想されます。また、看護師自身にも働きやすい環境を提供するための福利厚生にも力を入れています。

福岡県で看護師に就職するメリット

福岡県の看護師の平均年齢は34.5歳で、これは全国平均の年齢よりも若いです。職場には若い人が活躍しているという事です。男女の割合は、女性が4166人、男性が196人で、やはり女性看護士の割合が圧倒的多数を占めています。福岡で看護師に就職するメリットは、子育てしながら働くという事情を理解してくれる同僚ができやすい事です。年齢も近いので、同じ境遇の同僚もいるかもしれません。また、美容クリニックなど、女性には人気のある就職先が他の都道府県よりも豊富だという所もメリットです。美容クリニックは、ブランクのある方でも比較的復職しやすいので、医療人を諦めない、という意味での就職口として便利です。ちなみに、美容クリニックで復職を果たしやすいのは、他の医療機関等とは違う医療器械を取り扱う必要があるため、入職者が皆一から学んでいくからです。